消費者金融 比較

消費者金融を比較するときのコツはこれだ!

お金に関する悩み、「困った!」「どうしよう!」そんな声に応えてくれるのが消費者金融です。使う人を選ばず、手軽に利用できるので世代を問わず多くの方の助けとなっています。

でも初めての利用だと、どこで借りればいいか、どのくらいの利息が付くか、審査にどれくらいの時間がかかるのか、実際のところよくわからないものです。消費者金融の会社自体も無数にあるので、よりお得で便利に借りようと思えば当然迷ってしまいます。

そこで重要になってくるのが比較するということです!会社ごとの特徴をしっかりと見比べて、より良い条件の会社を見つけてください!消費者金融を比較するときのポイントは、金利、利便性、審査の3つです。

金利が低くお得で、借りる時も返す時も便利に使える会社で、しかも審査も早くてスグに借りられる!そんな会社を選ぶべきです。当サイトでは上に書いた条件に基づいて消費者金融を厳選して紹介しています!

どれも大手で信頼出来る会社なので、胸を張ってオススメ出来ます!自分で探すとなると少し大変だと思うので、サイト内で紹介している会社を是非参考にしてください!きっと好条件で借りられる会社が見つかるはずです!

危険!?ならばとことん攻略するぞ!消費者金融なんて怖くない!?

これだけハードルが低くなっても、やっぱり消費者金融は危険だと言う人もいます。実際に今現在借りている人や過去に借りた事のある人は割合からして決して少なくはないのですが、何があっても自分は消費者金融なんかに絶対手は出さないという人もやはりいるのです。知人や身内がお金に困って消費者金融からお金を借りようとしていたら、諸手を上げて勧める人はむしろ少ないのではないでしょうか。それはきっとなんとなく危ないと心配するからなのですが、危険だとしたらどの辺りがどう危険なのか、平常時にこそ徹底的に考えてみることが必要かもしれません。というのも、本当にお金がない状況に追いつめられると、人は誰もが一度は消費者金融のことを考えるものだからです。

まず金利の高さについてですが、これは借りやすさの代償とも言えるもので致し方ありません。最初からわかっていることですし金利自体に危険さはないのです。やはり気になるのは、気軽に借りれたのはいいけれど、返せなかったときにどうなるか?ということだと思われます。かつてのサラ金ほどではないにしても、やはり延滞に対する取り立てはあります。今は電話や郵送によるものが主だそうですが、それでも精神的に追いつめられます。それが苦しいからつい多重債務に陥る人も出てくるのでしょうが、複数の人を新たに怒らせてしまうよりは、今怒っている人を1人だけに絞って対応する方が長い目で見ればきっと楽なはず。どのくらい怒るか、いつまで怒るか、その結果どうなるか、ネットの体験談などを幾つか読んでシュミレーションしてみてはいかがでしょう。大体こうなるというのがわかっていれば恐怖感は半減します。

普通の大手の会社から借りる以上は問題ないのですが、法定外の条件でお金を貸してくれるちょっと怪しい業者もいます。こういう人達を怒らせたら多分大手消費者金融のようにはいかないはず。そんな危ない業者を見抜くのには広告など見かけの怪しさで判断するというのも有効ですが、先ず貸金業においては何が違法かを知らなければ話になりません。そのラインを越えてくる業者には何かあると思って間違いないのです。しかしこの手の業者に手を出した人の体験談を読むと、殆どの方が「なんとなく怪しいとわかっていたが仕方なく借りた」と言います。つまりはそこまで困り果ててしまうような状況ではもはや正常な判断も働きにくいということなのでしょうか。ヤミ金のワナに陥らないためには、緊急時でも他にどんな選択肢を思いつくかにかかっていると言えます。そのためには普段から安心できる相談者や相談機関を決めておいて、時々それについて思い巡らせておくことが大事ですね。誰もがそうなる可能性があるのですから。

敵を知れば百戦危うからず!まずは消費者金融の歴史から!

今から数十年も昔のこと、サラ金地獄という何だか恐ろしい言葉がありました。今の若い方はご存知ないかもしれませんね。これは、当時サラリーマン金融(略してサラ金)と呼ばれた融資業者から借金して返せなくなった人が、とても厳しい取り立てにあうことを意味していました。昼夜を問わず取り立て業者が自宅や職場にまで押し掛け、その結果、家族が離散したり無理心中したりといった悲劇に陥ることも少なくなかったのです。この言葉がすっかり定着してしまうほど、その手の事件が頻繁に新聞やテレビで報道されていた時代でした。

このために「サラ金は怖い」「サラ金に手を出したら人生終わり」というイメージが一般に定着してしまい、貸金業者にはこれを払拭する必要が出てきます。またサラリーマンだけではなく、自営業者や女性や若者など利用者をもっと広げていきたい。そんな意図からサラ金という名称は使われなくなり、消費者金融という名称でさかんにゴールデンタイムのテレビのコマーシャルに登場するようになりました。もちろんイメージだけではなく、黎明期の1960年代からサラ金が社会問題となった1980年代を経て、業者間の競争や法律の規制もあり、それまでのような法外な金利や恐ろしい取り立てはなくなっていきます。そのかわり、誰にでもいくらでも貸してくれるということもありません。もちろんこれは大手業者に関して言えることであって、登録されていない怪しい業者もいますから、お金がないと慌ててヤミ金に飛び込まないようにしてくださいね。

少し余談ですが、このサラ金よりさらに前は、生活費などに困った人はどうやって凌いでいたのでしょうか。それは昭和初期0中期の小説や映画に時折出てくるのでご存知の方も多いかと思いますが、質屋という貸金業者があって(今もありますが)、貴重品だけでなく衣服など生活用品を担保に小口の融資をしていました。月々の利息を返済できなかった場合、質草(担保にした品物)は返ってこなくなります。これを「質が流れる」と言いました。質は自動的に流れるだけで、恐ろしい取り立てはありません。質屋の親父が怖いといっても、せいぜい値踏みが厳しくて少ししか貸してくれないということくらいです。

また業者だけでなく、知人や身内同士でのお金の貸し借りというのは今よりもよくみられました。また会社での給料の前貸しといった慣例もよく利用されていました。このような地元密着型の小口融資がなくなったから街金といわれる業者が増えたのか、逆に街金が増えたからこれらがなくなったのかはわかりませんが、今となっては古き良き昭和レトロな話ですね。昔も高利貸しといわれる悪徳業者はいて、これはこれでサラ金より恐ろしい面もありますのでいずれがよいとは限りませんが、どちらにしてもお互い気持ちよく上手に利用し合いたいものです。

イメージ悪すぎ?イメージ良すぎ?ノンバンクの今風ルックス

消費者金融がどのようなイメージを持たれたいと思っているか、テレビなどのコマーシャルを見ればよくわかります。若く親しみやすい女性のオペレーター、可愛くユーモラスな動物たち、明るく楽しいテーマソング。しかも深夜枠ではなく、ゴールデンタイムのお茶の間に何度も繰り返し放映される。かつて消費者金融に悪いイメージがあった時代から見れば、この不釣り合いなほどの明るさは今の利用者にどの程度受け入れられているんだろうと思います。

消費者金融のコマーシャルは、「借りたいなぁ。だけど・・・」と迷っている人に対して、「誰でもできますから安心して来てくださいね」と一生懸命に訴えているように見受けられます。確かにあのようなCMを見ればお金に困ったときふと電話くらいしてみようかなという気持ちにもなるでしょう。もう既に様々な世代の人が、お財布から出し入れするような感覚でキャッシングすることが昔ほど不自然ではない時代になりつつあります。ここ数年の消費者金融の利用者は毎年1000万人を上回る勢いで、20歳以上の人口だけで見ても607人に1人が利用しているという結果が出ています。これは例えば学校の1クラス内で405人がやっていると考えてみれば、特に珍しくもないことぐらいにはなっていると言えますね。ちょうど「じゃ自分もやってみようかな?」と思う人が出始めるくらいの人数です。

借りないと利用者の生活が回らないのも事実でしょうし、それによって金融業者が回り、お金も世の中を回って行きます。利用者が法外な金利で苦しみ取り立てでギリギリまで追いつめられるなんてことがないのであれば、これは利用者・業者・世の中の3方に都合の良いシステムだと言えます。この明るいイメージのまま定着していくことは今となっては不自然ではありません。

ひとつ暗いイメージとしては、いわゆる多重債務によって追いつめられた人達が起こす事件などの陰に、「消費者金融からの借金」がキーワードとしてひっかかってくるということです。借金の利子を返すために借金を繰り返している間に何が何だかわからなくなってしまったり、ついには法外な金利のヤミ金に手を出してしまったり・・・どれも最初はイメージのよい大手金融業者から気軽に借りた、というのが第一歩だったはずです。そして次に困って借りる時もまた気楽に借りてしまった、と消費者金融のイメージが逆効果になったパターンだと言えるのです。少し前に電車の中吊り広告で、消費者金融の広告のすぐ隣に多重債務を整理します!という法律事務所の広告が貼られていて、どちらも明るいイメージなのが笑うに笑えなかったことがあります。つくづく、お金を扱う以上はイメージだけに乗っからないことが大事ですね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >